さらひと☆日日是好日

日日是好日。2020年6月に3年ぶりにブログ再開。気づけば、はやアラフィフに。いろいろなことがある日常ですが、一日一日の雑感などをブログにしたためていきたいと思います。

麻生首相のぶら下がり会見の発言を読める毎日.jpの「首相VS記者団」

ここのところ、麻生太郎首相の発言のブレが大きくクローズアップされてきています。
首相ともなれば、いろいろなところで発言するのだと思いますが、報道でよく目にするのは、「ぶら下がり」といわれる記者とのやりとり。

記事では、発言の内容をまとめて紹介されていますが、実際のやりとりまではテレビのニュースで取り上げられる場合を除いて報道ではわからない場合がほとんどです。

ネット上では、各社で一問一答形式の記事を載せているところもあり、毎日新聞のサイトでは、それを「首相VS記者」という形で比較的早く掲載しているようです。

首相VS記者団 - 毎日jp(毎日新聞)

話し言葉を文字にしているため、読みづらい面はありますが、その分、実際に話した流れなどもわかり、記事とは違って、自分で内容が判断できるところがいいです。

ちなみに、この「ぶら下がり」とは、『永田町に多く見られる取材方法の一形態で、記者団が取材対象者を囲み、立ち話形式でいろいろ質疑する、一種のミニインタビューのこと』(毎日.jp)で、その語源ははっきりしないものの『記者が対象者にぶら下がっているように見えたことから誰かがそう言い始め、いつの間にか定着した』(毎日.jp)ものとのこと。

マスコミ業界の業界用語も面白いですね。