さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

2014年5月6日までkindleゴールデンウィークセール中。サラリーマンとして読みたい本をピックアップ。

Kindleストアでは5/6までゴールデンウィークセールを開催中。

Amazon.co.jp: Kindle本 ゴールデンウィーク セール: Kindleストア

今年のGWは遠出の予定もないため、レビューなどを参考に、私がサラリーマンとして読んでおきたいと思った本(すでに読んだ本もありますが)をピックアップします。

 

全面改訂 超簡単 お金の運用術

全面改訂 超簡単 お金の運用術

 

投資も貯蓄もこの1冊でOK!ロングセラー「超簡単 お金の運用術」に、NISA(少額投資非課税制度)にも対応した運用術と、アベノミクスとバブルの解説等を加え、内容を全面的にアップデート。初心者でも激動の市場で確実に勝てるコツが満載。

レビューを見てみると、基本的なことを勉強するにはよさそうです。

 

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

200万部を突破したベストセラー。「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」この疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。
主人公は「人生を変えよう」と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマン。そこへある日突然、ガネーシャというゾウの姿をした神様が現れ、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけの怠惰極まりない生活を始めます。
しかしガネーシャは自信満々にこう言います。「今からワシが出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――」。

主人公とガネーシャの漫才のような掛け合いで、「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」という自己啓発書のメインテーマを説いていきます。 

 異色の自己啓発本というところでしょうか。私も読みましたが、楽しみながら自己啓発できる本です。ちなみに、続編も出ています。

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

さらに、次の本もセール対象になっています!私も読みました。 

四つ話のクローバー

四つ話のクローバー

 

 200万部の大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」著者による、幸せになるための4つの物語。

クローバーは通常三つ葉ですが、ごくまれに四つの葉をつけることがあります。この「四つ葉のクローバー」を見つけた人には幸運が訪れるという伝説があり、(土地や文献によっても異なりますが)四つの葉にはそれぞれ
「faith(誠実)」「happiness(幸福)」「heart(愛情)」「hope(希望)」の意味があると言われています。
そして、本書「四つ話のクローバー」に登場する4つの物語にも、「笑い」や「感動」だけではなく、「幸運」を呼び込むための具体的なヒントがつまっています。

 

 

稲盛和夫の実学

稲盛和夫の実学

 

 

本の帯に「会計がわからんで経営ができるか!」と印刷されている。 

   会計というとつい「勘定が合えばそれで良い」「会計は専門に勉強した特定の者にしか理解できない」という感覚にとらわれてしまう。特に経営者は「利益追求=売上追求」と考えてしまい、会計をおざなりにしてしまいがちなのではないだろうか。そこを著者は自身の経験からなる「経営学」と「会計学」を結びつけてわかりやすく説明している。

   経営に役立つ会計とはどうあるべきか。事業を安定軌道に乗せようと思うのなら、数字に明るく、しかも「安定性」を持続する会計でなくてはならない。安定は、「儲け」のなかから出てくるということも覚えておく必要がある。「儲け」るためにはどうすればいいのか。

   その答えを導き出した著者が「なぜ」という言葉に徹底的にこだわり、追求する人だということが、この本を読み進めていくうちによくわかってくる。「簿外処理は一切許さない」「ディスクロージャーを徹底する」という一見当たり前の議論ながら、そこはさすがカリスマ性に富んだ著者。具体例を交えての論述には説得力がある。

 「経営のための経理である」という「実学」は、経理を専門に勉強してきた人にとっては「目から鱗」の思いをするだろう。会計学とは経営哲学と完全に合致する理原則であることをあらためて認識させられる。(大高真子)

 

働き方

働き方

 

 現代における「最高の働き方」とは?ベストセラー『生き方』『稲盛和夫実学』の著者による書下ろし!「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかける!「人生において価値あるものを手に入れる法」、「平凡な人を非凡な人に変えるもの」、そして「成功に至るための実学」──。「本書を通じて、一人でも多くの方々が、『働く』ことの意義を深め、幸福で素晴らしい人生を送っていただくことを心から祈ります」(稲盛和夫)管理職になる人、社会に出る人、就職を目指す人、必読の書!

 稲森和夫氏は、日本航空の経営を立て直してから、より一層注目される経営者となりました。かく言う私も何冊か読ませていただいております。

 

すりへらない心をつくるシンプルな習慣

すりへらない心をつくるシンプルな習慣

 

 「会社に行きたくない」そう思ったことのある人は多いはず。それは、あなたがダメなわけでも弱いわけでもありません。怒りっぽかったり、クヨクヨしがちだったり、自信がもてなかったり、肝心なときに力が発揮できなかったり……。でも、自分を責めなくても大丈夫。自分のイヤな性格は変えられます。ちょっと凹んでしまった心も、また、満たせばいいのです。自分を責めずに、折れない心をつくるためのちょっとした習慣がいっぱいつまった1冊。

 サラリーマンも大変です。心が疲れた方や5月病になりそうな方もいらっしゃるのでは。この手の本は性格上、合う・合わないが大きいかもしれませんが、気になる方は読んでみてはいかがでしょう。

次も心屋氏の本で、セール対象になっています。ページ上には著者の動画も掲載されいました。 

「心が凹んだとき」に読む本 (王様文庫)

「心が凹んだとき」に読む本 (王様文庫)

 

 「へこみやすい」のは、こんな心の長所があるから。


・人の気持ちに敏感
・いつもまわりに気を使う
・マジメで、がんばりや
・責任感が強い

そんなあなたも、本書で紹介するほんのちょっとのコツを知るだけで、
何かのアクシデントとぶつかっても、へこたれない心に育てていくことができるのです。
たとえば……

*まずは自分に“ほめ言葉”のプレゼント
*悩みの9割は、こんなトコロにあった
*「ダメな人」ほど人に好かれる謎
*結婚相手には“天敵”を選べ!?
*「どっちの道を選ぶか」迷ったときの考え方

自分の心とは、一生のおつきあい。
だから、この“心の習慣”を身につけて、毎日を元気よく過ごしてみませんか。
メルマガ読者二万人以上、超人気のカウンセラーの“効く”アドバイスが満載です。

 

 

世界一わかりやすい「ゲーム理論」の教科書 (中経出版)
 

 一般ビジネスマンにはなじみがないゲーム理論。この理論を知っていることにより、交渉や意思決定を有利にすすめることができるのです。本書は、お菓子メーカーの女子を主人公にしたストーリーで、すらすら学べます!

(底本初版発行日:2013/11/22)

 ゲーム理論という用語を聞くことが多くなってきたような気がします。タイトルが軽い感じはしますがどうなのでしょう。レビューは好意的なものが並んでいます。

 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

 

 "「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。

常識を疑い、世界と自分自身を新鮮な目で見つめてみよう。
――起業家精神イノベーションの超エキスパートによる
「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。

本書は「起業家精神」と「イノベーション」に関する最良のテキストであると同時に、
「人生への贈り物」とも言える言葉がいっぱい詰まった自己啓発書です。
第2弾、イノベーションを開花させるためのヒントが満載の
『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II』もぜひ! 

 今からでも遅くないかもしれまs

 

稼ぐ「デザイン力!」

稼ぐ「デザイン力!」

 

 利益を生むデザイン/「攻めるデザイン」と「守るデザイン」/コラボレーションの成功法則…etc.デザインがよくないと会社は成長しない、といわれる。一方で、デザインをデザイナー任せにするのは過去の話。ヒットを生み、差別化を図り、付加価値をつけるには、いまや組織で対応する時代だ。ならば経営者、管理職はデザインに対してどんな戦略を持つべきなのか。アップル、トヨタニンテンドー、ディズニーランドなど「デザイン力!」で市場を席巻する強い会社の事例を多数引き合いに出しながら、企業の強みを色や形に表すデザイン力強化のノウハウを示す。

 利益を生むデザイン。仕事に関係しそうな方はこの機会に読んでみるといいかもしれません。(私も買いましたが、まだ読んでいません。)

 

 

ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)

ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)

 

 

 文章スキルは「あったほうがいいもの」ではなく、

「なくてはならないもの」へと変化しつつあります。
このスキルを20代のうちに身につけることで、
情報発信・人・仕事の幅が広がり、今後の人生が
大きく変わってくることは間違いありません。

読み手に負担をかけることなく、情報や思いを
分かりやすく伝えられる文章スキルを
本書でぜひ吸収してください。

 仕事で文章を書く方におすすめです。恥ずかしながら40代になった私も読んでみましたが、わかりやすい文章を書くための基本的なことがひととおり書いてあり、自分の各文章を見直すきっかけになりました。