さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

クロームを起動してもウィンドウが真っ白になってしまう現象⇒インターネットバンキング専用ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」を最新版に更新で解決。

http://www.flickr.com/photos/34889156@N00/2820302020photo by Randy Zhang

起動や動作も素早く、アンドロイドスマホとの連携も容易なので、PC(win8.1)のブラウザはGoogleのクロームChrome)を使っていますが、最近になって、起動後にまっしろなウィンドウが立ち上がり、データは読み込んでいる気配はあるものの、何も表示されない現象が出るようになりました。

タスクマネージャーでクロームをシャットダウンしてから再起ち上げすると正常に表示されることが多いのですが、それでも一部画面が白抜きになることもありました。

これではブラウザを乗り換えるしかないかと思いながらも、快適さを捨てきれず、ネットで調べてみると、同じような現象が出ているようでした。

どうも、パソコンにインストールされているソフトウェアとの相性があるようです。

クローム 真っ白 - Google 検索

私の場合は、インターネットバンキングで銀行が勧めているインターネットバンキング専用ウィルス対策ソフトの「Rapport(ラポート)」を導入していましたが、どうも、これが悪さをしていることがわかりました。

情報源⇒Google グループ

ラポートそのものをアンインストールしても解決するようですが、若干の不安もあり、ラポートを最新版に更新することで解決したという情報もあったので、アップデートをしてみました。

最新バージョンへのアップデート | Trusteer

結果としては、アップデート後は現象が起きなくなりましたので、効果はあったようです。このまま再発しないことを願いつつ、使っています。