さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

Googleが防災マップで「東京都防災情報」と「公衆電話・特設公衆電話(東日本)」を公開

Googleが防災マップとして東京都の防災情報とNTT東日本の公衆電話・特設公衆電話の情報を公開しました。

Google Japan Blog: Google 防災マップの提供を開始します

防災マップはこちら→防災マップ | Google Crisis Map 

なお、上記ブログ記事では災害情報マップから防災マップに入るよう案内しています。→ PC:Google Crisis Response  スマホhttp://g.co/saigai

http://www.google.org/crisisresponse/japan

現在提供されているのは、次の情報で、防災マップ右上の「レイヤ」をクリックして、情報が選択できるようになっています。

全国-避難所情報

東日本-公衆電話・特設公衆電話

東京都-避難場所

東京都-地区内残留地区

東京都-火災危険度

東京都-建物倒壊危険度

東京都-災害時活動困難度を考慮した総合危険度

以下、Googleのブログ記事からの引用です。

東京都防災情報
東京都防災情報は、東京都のご協力をいただき、東京都都市整備局が公開する地震に関する地域危険度測定調査と、避難場所等の概要のデータを、Google 防災マップ上に描画したものです。東京都防災情報では、上記 2 つのデータを元に、「避難場所」、「地区内残留地区」、「火災危険度」、「建物倒壊危険度」、「災害時活動困難度を考慮した総合危険度」の 5 項目を表示しています。

『「震災時火災における避難場所及び避難道路等の指定(平成25年度改定)」:より、「避難場所」と「地区内残留地区」(平成 25 年 5 月現在、 避難場所:197 ヵ所指定、地区内残留地区:34地区指定)

地震に関する地域危険度測定調査(第7回)(平成25年9月公表)」: 「建物倒壊危険度(建物倒壊の危険性)」、「火災危険度(火災の発生による延焼の危険性)」、「災害時活動困難度」を考慮した総合危険度(建物倒壊や火災の危険性に災害時の避難や消火・救助等の活動のしやすさ(困難さ)を考慮したもの)』

 

現在は東京都の情報が中心ですが、Googleは他の自治体からの情報提供も呼び掛けています。

『自治体の方で、防災マップ、災害情報マップの活用にご興味がありましたら、下記、問い合わせフォームよりご連絡ください。』

個人の方で、京都府版を作成されている方もいらっしゃいました。

京都府の災害危険箇所マップ
http://japonyol.net/editor/article/kyoto-vigilance-map.html

 

地図を見るだけで一目でわかるので、とても参考になります。