さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

子どものコンタクトレンズ使用、メガネ願望による心因性視覚障害

昨日、カラーコンタクトレンズの危険性について触れましたが、それを調べる中で、中学生や高校生向け、中には小学生のコンタクトレンズを使うケースもあるようで、注意点などがまとまったサイトにいくつか出会いましたので、参考に紹介します。

◆子どものコンタクトレンズ使用関係サイト

はじめてのコンタクトレンズNavi|コンタクトレンズのアイシティ
→子どもに限らず、初めてコンタクトレンズを使う方向けの情報

子どものコンタクトレンズQ&A | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
→日本眼科医会のQ&A

学校保健ポータルサイト - 中高生のためのコンタクトレンズガイド 無料提供

日本学校保健会・日本眼科医会が監修し、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
ビジョンケア カンパニーが制作したパンフレットhttp://www.gakkohoken.jp/uploads/pdfs/info/CLguide.pdf

子供の近視 | たき眼科 一般眼科 緑内障 白内障 コンタクトレンズ 兵庫県 西宮市
中段程にこどものコンタクトレンズについての記載があります→「今までの経験で、もっとも早く処方したのは、小学校4年生の女の子でした。いわゆる強度近視で、牛乳ビンの底のような眼鏡を使用せねばならず、いじめの対象になるとの理由からでした。が、一般には、中学生になれば、たいていの子どもは使用可能です。特に女の子では小学生でも使えることが多いです。けれども、視力が落ちてきた時点で眼鏡がいやだからと最初からコンタクトにすることはやめられた方がいいでしょう。」

心因性視力障害

ここまで読んできたときに、上記のたき眼科さんのウェブサイト心因性視力障害が紹介されていて、その原因の中に、メガネ願望があるとの記載をみつけました。

「最近増えている原因のひとつは、メガネ願望です。昔と違って今の子供のメガネがファッショナブルになって可愛いことより、メガネをかけたいがために視力検査時に視力が出ないのです。こういう子は、視力検査のときに矯正レンズをあれやこれやと入れ替えているうちに視力が出ることが多いです。」

この記載が気になったのは、最近小学生の娘から、メガネをかけたいという話を聞くようになったからです。

実際の視力検査で視力が出ないというところまでは言っていませんが、どうもメガネをかけたいという希望が強くあるようなのです。今のところ、あまり心配するような状況にはなっていませんが、親が軽く考えていると症状が出てしまうのかもしれません。少し気にしながら、接したいと思っています。

日本眼科医会のウェブサイトでも、心因性視力障害が紹介されています。読んでみると、メガネ願望というある種子どもらしいかわいらしさを感じてしまう理由だけではなく、深刻なストレスから発症するケースも多いようで、子どものストレスマネジメントも重要な課題になってしまっているようです。

子どもの目の心身症 -心因性視力障害- | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会

グーグルで検索してみても多くのページがヒットします→Google

http://www.flickr.com/photos/51035555243@N01/2354086423

photo by Thomas Hawkj