さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

covia FleaPhone CPF03A+BIC SIM音声モデル(IIJmioみおふぉん)をメインにして約3か月の感想

covia(コヴィア) FleaPhone(フリーフォン) CPF03A+BIC SIM音声モデル(IIJmioみおふぉん)をメインのスマートフォンに。 - さらひと☆一期一会

と言ってから、約3か月が過ぎました。時が過ぎるのは早いものです。ウィルコムとの2台持ちを前提に購入したものの、2台持ちのわずらわしさや、後ほど書きます私のスマートフォンの使い方からするとフリーフォンをメインでも十分に乗り切れそうという感触でしたので、現在はfleaphooneを常時メインで使用するようになりました。

ただ、端末や回線の安さもあり、一定の割り切りが必要なのも現実。メイン機として2か月使用しての感想を書いてみたいと思います。

 ◆主な使用場面

私は、ほとんどデスクワークで月数回の出張があるといった仕事をしています。

そのため、自分の携帯から仕事上の電話をすることは稀で、家族との連絡手段、それと通勤時のラジオ・読書などで使う場面がほとんどとなっています。

自宅では無線LANを入れているため、3G通信は使用していません。

◆利用する機能・アプリと使用感

〇電話

前に書きましたとおり楽天でんわを使用して節約。無料通話のないMVNOと楽天でんわの相性はよく、使用していて特に問題もなく、音質も通常の携帯電話と同じです。

ソフトバンクiphoneを持つ家族2人との電話は、LINEにしていますが、こちらはつながりにくく、結局楽天でんわを使ったりしています。

△メール

意外と使い心地が悪いのがメールです。mioふぉんを含むMVNOは携帯用のメールアドレスが取得できないため、PC用のアドレスを代用しています。私の場合はYahoo!メールのアドレスを携帯用に取得して利用しています。

Yahoo!メールは公式アプリを入れることで、プッシュ通知を使えるため、通常の携帯アドレスと同様の使い心地になるのではないかとの期待をして導入しました。

結果として、プッシュ通知は問題なく行われるのですが、通知をタッチしてメールを開こうとすると、開くまでの時間が数秒~10数秒かかったり、途中で止まってしまうことも。

端末・通信回線(速度)・アプリのどれが原因かはよくわかりませんが、急いでいるなどはイライラしてしまうこともあります。

プリインストールされているメールアプリの5分毎のフェッチ通知でも実用上はそれほど問題はないので、一時期切り替えてみました。

しかし、こちらでも受信に時間がかかったり、困ったのはメールの送信がうまくできない(送信トレイにとどまったままになる)ことが何度かあり、携帯メールの代用としては耐えられませんでした。

結局、今のところはYahoo!メールの公式アプリを我慢しながら使っています。

もう一つ、携帯アドレスがないことのデメリットとして想定はしていましたが、ドコモユーザーあてにメールを送った際に届かない(先方の受信設定によるものと思いますが。)ことや、携帯アドレスがないと使えないアプリ(外食店のポイント会員用のアプリなど)がいくつかあるという点が現実にありました。

MVNOは高齢者などに人気があると言われていますが、メールをメインの連絡手段としている方には、あまりお勧めできません。

〇LINE

メールが使いにくいということから、家族や親しい友人とはもっぱらLINEを使っています。こちらは画像のやり取りでもしない限りは、通信速度が遅くても問題なく使用できますし、メールのようなイライラすることも皆無です。

ただ、家族とよく使っている音声での通話は、つながりにくかったり、つながっても相手の声が聞こえなかったりと、安定しません。こちらも原因が端末・アプリ・通信回線のいずれにあるのかはよくわかりません。

〇読書

AmazonKindleアプリを入れて、通勤時に読んでいます。1時間程度読むこともありますが、特に不満はなく使用しています。電池の減りも常時通信をしているわけではないのでそれほど多くありません。

ただ、ラインを引くような場合は、タッチパネルの感度が今一つで少しイライラするときもあります。

〇ラジオ

当初は使う予定ではありませんでしたが、ラジコ(公式)/raziko(非公式)やsky.fmを通勤時に聴くようになりました。

みおふぉんは、1Gの高速通信を使うかどうかをアプリのスイッチでON/OFF切り替えができ、OFFの場合も3日で366MBまで使用できます。ラジオを聴くのには、スイッチをOFFにして200kbpsの速度でも聴くことができ、1.5時間で50MB程度の通信量となるため、私の場合はスイッチをOFFにして聞いています。

3日間の上限に近付きそうな場合や、通信状態が悪いときはスイッチをONにしています。

この辺りは、スイッチでクーポンを使用するかどうかを選べるmioフォンならではのメリットです。

〇音楽

音質にうるさい方ではありませんので、問題なく聞けています。

××カメラ

カメラは使えません。書類の控えなどに写真を撮ることが多いのですが、写真を撮ると、画面の周辺部がぼやけてしまい、正直、使い物になりません。個体の問題なのかはわかりませんが、本当に残念です。

前のAndroidで使用していた有料アプリをいれても画質は変わりませんでしたので、おそらく本体の問題と思います。撮影する時の画面ではきれいに見えるのですが、撮影した画像ではぼけてしまいます。

〇日経電子版

最近になって、仕事の関係もあり日経新聞の電子版に入りました。

通勤などでかなり読むようになりましたが、こちらも問題なく使用できています。

×産経新聞アプリ

通信キャリアの端末では無料で読めますが、IIJみおフォンでは無料では読めませんでした。前の機種ではよく読んでいたので残念でした。 

◆その他

熱問題

ネットを使ったり、動画の再生などの重い処理をしていると、カメラ付近がかなり熱を持ちます。冬はカイロ替わりになりますが、夏は困ってしまいます。電池を消費していることはわかるので、いいのかもしれませんが、気になります。

再起動問題

月に数回、アプリの処理中などに自動で再起動してしまうことがありました。メモリの最適化アプリを入れて、時々最適化してあげると、再起動になる頻度は少なくなった気がしています。

また、なぜかわかりませんが、いつの間にかフリーズしていることも月に1回程度の頻度で発生。こちらは電池を一回はずして入れなおすことで復旧しますが、ポケットに入れていただけでも起きることがあり、気になります。

通信量

現在のプランはmioフォンで1Gまで高速通信(といってもLTEは端末が対応していません。。。)が使用できます。

mioフォンはスイッチで速度の切り替え(1G分のクーポンを使うか使わないか)ができるため、クーポンを有効に使え、1Gで十分足りていますし、翌月まで繰り越せるため、現状では常に1G以上のクーポンが残った状態で使用できています。

具体的にはネットを見る場合やメールを多用するケースではスイッチを入れて置き、それ以外の待ち受け時やラジオを聴いたり、読書をしたりといった場面ではスイッチをオフにしています。

私の場合で、クーポン利用で800MB程度、クーポンオフで1G程度を使っています。

電池の持ち

当初はネットや通信を利用するアプリをそれほど使用していなかったため、十分1日持ちましたが、ラジオや読書、日経電子版を読むようになってからは、出社して帰宅した段階で10%程度しか残らない状態になっています。会社で充電することで出張などがない日は問題ありませんが、長時間使うような場合は、ポータブル電源が不可欠な感じです。

ケース

購入時点ではcovia FleaPhone CPF03A向けのケースがなかったので使用していませんが、少し滑りやすく、ケースがあったら、とは思っていました。今見てみると、ケースも発売されているようですので、いいものがあったら試してみたいと思います。 

Covia CP-F03A ハードケース ホワイト デコ素材 FreaPhone

Covia CP-F03A ハードケース ホワイト デコ素材 FreaPhone

 

  

  

covia CP-F03a レザーケース (キャメル)

covia CP-F03a レザーケース (キャメル)

 

 そのほかのアクセサリーも発売されているようです。

 

◆結論

MVNOの魅力は何といっても料金の安さ。それを前提に、上記のような一定の割り切りをしながら、メイン機として十分利用できています。

ただ、携帯キャリアのアドレスがないと困る(恥ずかしいと思う)方、携帯メールを主な連絡手段にしている方、通信量を気にしながら使うことに抵抗がある方、細かい使い勝手が気になる方には、正直お勧めできません。

最近になって、MVNOも端末のセット販売が多くなってきて、機種もだいぶ選べるようになっているようですので、時間が経つにしたがって、使い勝手の面はどんどん改善されていくと思います。今後に期待したいと思います。

(参考URL)

IIJmio:サービス概要

BIC SIM(ビックシム)音声通話パック-ビックカメラ.com