さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

文月 悠光(ふづき ゆみ)さん@J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 別所 哲也

今日は海の日で会社も休みということで、朝起きて、久しぶりにJ-WAVEを聞いていたところ、別所哲也さんの番組に、詩人の文月悠光さんがゲストで出演されていた。

私自身は初めて知りましたが、数分のインタビューの後、「海になる日」という詩をご本人が朗読。

今年大学を卒業したばかりとは思えない落ち着いていて澄んだ声が印象的。

詩のことばも耳に優しく、朝の心地よい時間を過ごさせていただきました。

 

 

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 別所 哲也 :J-WAVE 81.3 FM RADIO

8時台『MORNING INSIGHT』
詩人・文月悠光さんをお迎え!
瑞々しい感性で紡ぎだす「言葉の世界」に迫ります。

 

文月悠光 - Wikipedia

文月 悠光(ふづき ゆみ、1991年7月23日 - )は、日本の女性詩人。北海道札幌市生まれ。

小学生から作家・詩人を志し、2006年より詩誌「現代詩手帖」「詩学」に詩を投稿。中学校在学中の2007年、第3回詩学最優秀新人賞受賞。北海道札幌旭丘高等学校2年時の2008年に帷子耀と並ぶ最年少で現代詩手帖賞を受賞する。高校3年の2009年に第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)を出版し、中原中也賞および丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞する。2012年現在は早稲田大学教育学部に通いながら[1]、雑誌・新聞に詩、エッセイ、書評などを発表。都内や出身地の札幌市で朗読会にも多く出演している。
また、第80回(2013年度)NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲「ここにいる」の作詞を担当。タイツブランドtokoneに参加し、イラストレーターのmiccaとコラボするなど、紙媒体以外での活動も増えている。
「ミスiD2014」への出場(2013年)をきっかけに「ポエドル(詩人+アイドル)」としての活動を開始。写真売り上げなどで好成績を残す。
六本木詩人会会員。 詩誌「遠来」「ねこま」に参加。また、個人詩誌「月光」を発行。

 

高校3年の2009年に最年少で中原中也賞および丸山豊記念現代詩賞を受賞した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社

適切な世界の適切ならざる私

適切な世界の適切ならざる私

 

 公式ブログやツイッター。若い方なので、ネット上での情報発信もしっかりとされています。

お月さまになりたい。