さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

BIC SIM音声モデル(IIJmioみおふぉん)などのMVNOでの通話料を節約するためには。

covia(コヴィア) FleaPhone(フリーフォン) CPF03A+BIC SIM音声モデル(IIJmioみおふぉん)をメインのスマートフォンに。 - さらひと☆一期一会ということで、携帯電話としてこの組み合わせを考えたときに、通話料の節約をするため、通話アプリの導入を検討しました。

 

まず検討したのは、大きく分けて2種類のサービス。それぞれ、私が感じたメリット・デメリットも書いてみます。(私が検討した時点のものです。)

A:「楽天でんわ」「G-call」などのプレフィックス番号を使うマイラインのようなサービス

◎電話回線を使うため、通話品質が通常の携帯電話と同じで良好。

◎携帯電話番号(090,080等)をそのまま使え、番号通知も携帯電話番号。(G-callではNTT固定電話には通知されない)

◎発信するときにアプリを使うだけ(プレフィックス番号を入れてダイヤルすればアプリも不要)なので、電池・メモリの消耗をしない。

◎MVNOの限られたデータ通信量をほとんど使わずに済む

◎月額基本料がかからない

×固定電話向けの通話料金が携帯電話向けと同じ

×同一サービスどうしなどでの無料通話は無い。(通常の携帯キャリアのスマホを使っている方は要注意です。家族間や同一キャリア間通話でも通話料金がかかります。MVNOではそもそも無料通話のサービスがないので、気にする必要はありません。)

B:「050Plus」「Line電話」「FUSION IP-PHONE SMART」などの050番号を新たに取得するIP電話サービス

◎同一サービスどうしなどの無料通話サービスがある。

○基本料金はかかるが固定電話向けの通話料が安い(050plus)

×基本料金はかからないが、携帯電話向けと通話料が同じ(

×IP電話のため、通話品質が不安

×IP電話のため、データ通信量を使用する

×アプリ常駐またはプッシュ通知が必要なため、電池の消耗が比較的大きい

×番号通知が050番号。一部サービスでは通知されないことも。

 

◆結論:楽天でんわにしました。

私の場合は、MVNOを使うと決めた段階で家族とはLineで連絡をすることにしましたので、同一サービス間の無料通話がないことは妥協できました。

音声品質や番号通知といった携帯電話としての使い勝手、端末への負荷(アプリ常駐によるメモリ消費や電池消耗)を考えて、Aのサービスとして、G-callより少し通話料が高いものの通話する頻度もそれほど多くなく、固定電話への番号通知もできることから「楽天でんわ」にしました。

楽天でんわ: 電話アプリ

ただ、固定電話の番号通知はナンバーディスプレイを使っている場合などに限られますので、気にしなければ通話料が若干安いG-callという選択肢もありだと思います。

G-Call:携帯発国内電話キャンペーン通話料金

 

◆参考にした情報

格安通話サービス「G-Call」と「楽天でんわ」を比べてみた | マイナビニュース

IP電話アプリはどれだけお得? 「SMARTalk」と「050 plus」の料金・機能を調べてみた | マイナビニュース