さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

国民生活センターが子ども用の花粉症対策のメガネによるけがに再度の注意喚起。

国民生活センターが子ども用の花粉対策メガネによるけがの事例が続いていることから、昨年8月に行った注意喚起について、花粉シーズン突入を前に、再度、注意を呼び掛けています。

子ども用の花粉防御用眼鏡の安全性(再注意喚起)−衝突や転倒などによる目の周辺のけがを防ぐために−(発表情報)_国民生活センター

メガネのフレームの張り出しが通常の眼鏡より顔面に近くなる形状となっているため、この眼鏡をかけた子どもが他人や物にぶつかったり転んだりした際に、張り出しにより目の周辺にけがを負うケースがあるそうです。ひどい場合には、10針以上縫う怪我を負っているケースも。

国民生活センターの商品テストでは、張り出しの材質に軟質樹脂を使用するとより安全性が増すこと、張り出しにより視野に見えにくい範囲が生じること、スポーツ等に使用できる旨の不適切な表示が見られる銘柄があることなどがわかったことから、消費者向けのアドバイスと業界への改善要望を行っています。

 

消費者へのアドバイス

  • スポーツや激しい運動などをする際には必ず外させましょう
  • 初めて使用する際には視界の変化に十分慣れるようにするとともに、使用時には普段より周囲に注意を払うよう言い聞かせましょう

詳しくは、国民生活センターのサイトをご覧ください。

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140206_1.html

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20130822_2.html