さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

夏目漱石「吾輩は猫である。」を携帯で読んでいます。

先日紹介した方法青空文庫からダウンロードしたファイルを携帯で読み始めました。

まずは、夏目漱石の「吾輩は猫である」を青空文庫からダウンロードして携帯へ。

図書カード:吾輩は猫である

図書カード:吾輩は猫である

書籍はこちら→amazon:吾輩は猫である

学生時代に読んで以来、●●年ぶりですが、違ったおもしろさを感じました。

特に、主人と奥様の会話やそれから類推される夫婦関係などは、結婚している今の境遇から見てみると、親近感のわくもので、夏目漱石の時代から夫婦と言うものは変わらないのだな、と学生時代には感じなかった感覚を持ちました。

携帯電話で読む分、読むスピードは落ちてしまっていますが、混雑している通勤電車でも周りの方に迷惑をかけずに読めますし、通勤の荷物も軽くすむと言うことで、私にはとても重宝しています。

しばらくは、通勤電車での青空文庫の読書を楽しもうと思っています。

吾輩は猫である
出典: wikipedia:吾輩は猫である

吾輩は猫である』(わがはいはねこである)は、夏目漱石の長編小説。1905年1月、「ホトトギス」に発表、好評のため翌年8月まで継続した。大倉書店、服部書店刊。

英語教師、苦沙弥先生の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、飼い主苦沙弥先生の一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たちの人間模様を風刺的に描いた、漱石の処女小説。「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しは有名。舞台化されたほか、『吾輩ハ鼠デアル』『我輩ハ小僧デアル』など多くのパロディが生まれた。三島由紀夫も少年時代に『我はいは蟻である』(1937年)という小品を書いている。
作品解説

作品背景

漱石が所属していた俳句雑誌『ホトトギス』では、小説も盛んになり、高浜虚子や伊藤左千夫らが作品を書いていた。こうした中で虚子に勧められて漱石も小説を書くことになった。それが1905年1月に発表した『吾輩は猫である』で、当初は最初に発表した第1回のみの、読み切り作品であった。しかもこの回は、漱石の許可を得た上で虚子の手が加えられており、他の回とは多少文章の雰囲気が異なる。またもともと漱石がつけた題名は『猫伝』(ねこでん)であったが、虚子の助言により『吾輩は猫である』とされた。だがこれが好評になり、虚子の勧めで翌年8月まで、全11回連載し、掲載誌『ホトトギス』は売り上げを大きく伸ばした(元々俳句雑誌であったが、有力な文芸雑誌の一つとなった)。

なお主人公「吾輩」のモデルになったのは夏目家に飼われていた野良猫である。実際、この猫には名前が無かったという。1908年9月13日に猫が死亡した際、漱石は親しい人達に猫の死亡通知を出した。また、猫の墓を立て、「この下に稲妻起る宵あらん」と安らかに眠ることを願った一句を添えた後、猫が亡くなる直前の様子を「猫の墓」(『永日小品』所収)という随筆に書き記している。

ちなみに『猫』が執筆された当時の漱石邸は現在は愛知県の野外博物館・明治村に移築されていて(旧所在:文京区千駄木)公開されている。東京都新宿区弁天町の夏目公園(漱石山房跡地)には「猫塚」があるが、後年復元したものだという。

作品研究

日露戦争前後の上級社会への諷刺を、苦沙弥先生や寒月などの滑稽な登場人物の中に織り込ませた、戯作風の作品である。スウィフトの『ガリヴァー旅行記』などに影響された描写力は出色で、他の追随を許さなかった。

長編として書くことを想定していなかったため、小説らしい筋書きはあまりなく、その点でローレンス・スターンの『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』の影響も指摘されている。また、猫が主人公という点でホフマンの『牡猫ムルの人生観』に影響を受けた可能性がある。『蚤の自叙伝』(19世紀前半ごろ書かれたとされる作者不明の官能小説)に至っては、蚤の視点で宿主の性生活をシニカルに描く手法や、漱石自身がつけた原題との類似(?)など、共通点が多く見出せる。 ⇒ en:The Autobiography of a Flea(蚤の自叙伝)参照。『ホトトギス』連載中の1906年5月、「新雑誌」に「牡猫ムル」の幽霊が現われたという設定の戯文(猫文士気焔録)が掲載され、その中で漱石の『猫』が皮肉られた(『トリストラム・シャンディ』と『牡猫ムルの人生観』については、『吾輩は猫である』本文でも言及されている)。

終盤(最終回)で、迷亭が苦沙弥らに「詐欺師の小説」を披露するが、これはロバート・バーの『放心家組合』のことである。この事実は、1971年、山田風太郎により指摘されるまで(漱石と「放心家組合」[1])、日本の文学者や推理小説研究家の、誰一人として気付かなかった。

古典落語のパロデイが幾つか見られる。例をあげると、強盗が入れられた次の朝、苦沙弥夫婦が警官に盗まれた物を聞かれる件は『「花色木綿(出来心)』の、寒月がバイオリンを買いに行く道筋を言いたてるのは『黄金餅』のパロデイである。迷亭が洋食屋を困らせる話にはちゃんと「落ち」までつけ一席の落語としている。漱石は三代目柳家小さんなどの落語を愛好したが、『猫』には落語の影響が最も強く見られる作品である。

第三話にて寒月君が講演の練習をする「首縊りの力学」は、実在する論文を摘要したものである。寺田寅彦の随筆夏目先生の追憶 に、彼がその論文を夏目漱石に紹介した経緯が書かれている。

Text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.

夏目漱石@はちラボ検索事典