さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

ドイツ国会議事堂の写真を見て。

2月26日のWikipediaCommonsの今日の1枚になっていた写真。

画像:Reichstag pano.jpg

出典:Reichstag pano.jpg - Wikipedia

Author:Daniel Schwen:Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 Generic

この写真を見て、建物の周りの人の多さと写真から伝わってくる雰囲気から、どこの観光地の写真だろうと思い、Wikipediaを見てみると、ドイツの国会議事堂(wikipedia:国会議事堂 (ドイツ))でした。(一目見てわかるほどの知識がほしいものですが。)

現在も連邦議会として使われているということで、歴史を感じる外観は別にして、私の抱く「国会議事堂」のイメージと、その周りの人の多さや写真から伝わってくるくつろいだ雰囲気とのギャップに驚きました。

私の抱いている国会議事堂のイメージは、日本の国会議事堂(wikipedia:国会議事堂 )で、まさに下の写真のようなもので、人がいないことが、かえって国会の権威を示しているような感じです。
画像:Japanese diet outside.jpg

This Wikipedia and Wikimedia Commons image is from the user Chris 73 and is freely available at http://commons.wikimedia.org/wiki/Image:Japanese_diet_outside.jpg under the creative commons cc-by-sa 2.5 license.

その国家の持つ歴史や文化は全く違うので、当然なのかもしれませんが、国によって議場の持つ雰囲気がここまで違うとは思いませんでした。日本の国会議事堂とドイツの国会議事堂、どちらがいいのかすぐに優劣はつけられませんが、私はドイツの国会議事堂のような親近感のある雰囲気の中で議論が交わされた方が、国民の立場に立った政治が行われるような気がしました。