さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

「職業としての上機嫌」〜『齋藤孝の「3分間」アカデミー』を読んで。

「声に出して読みたい日本語」著者で齋藤孝(→wikipedia:齋藤孝)さん。最近では、テレビでもよくお見掛けするようになりました。

齋藤孝さんがNikkeiBP社のサイトで連載しているのがこのコラムです。

バックナンバー - 齋藤孝の「3分間」アカデミー - nikkei BPnetバックナンバー - 齋藤孝の「3分間」アカデミー - nikkei BPnet

齋藤孝教授が語る、たった3分で身につく実践講座。専門の教育学、身体論、コミュニケーション技法の観点から、ビジネスパーソンに不可欠なスキルアップ術を伝授する。モットーは「明るく厳しく」「量こそ質だ!」。

いまこの記事を書いている時点で第7回まで連載されています。

テレビで拝見した限りでは、早口で明るい印象が残っていますが、このコラムで度々登場する「上機嫌」を日頃から作り出しているからこそのものなのだとわかります。

文章もテンポよく読みやすいため、読んでいて疲れません。多少、単純化しすぎているような印象を受ける部分もありましたが、ひと通り読むことで「職業としての上機嫌」の実践?により仕事や日々の生活を変えることができそうな気にさせられました。

第7回では、「勤勉」と「道徳心」という、第6回までの内容とは少し違った観点が入ってきていますので、今後、どういう展開で進んでいくのかが、楽しみです。