さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

セルフ式スタンドでの給油ミスが2ヶ月で267件。注意したいです。

ガソリン価格が高騰し、少しでも安くガソリンを入れるために、最近増えているセルフ式のガソリンスタンドを使う方も多いのではないでしょうか。

私もその一人ではあるのですが、気になる調査結果を見かけましたので、紹介したいと思います。

JAF(社団法人日本自動車連盟)の調査によると、2007年12月から2008年1月までの2ヶ月間で、セルフスタンドでの給油間違いによるJAFへの救援依頼が267件に上っているというのです。

JAFへの救援件数ですので、最近のJAFへの加盟率がどの程度下がっているのかはわかりませんが、実際の給油間違いの件数は、もう少し多い数字になりそうです。

この調査によると、給油間違いの原因は「ぼんやりしていて」、「初めてセルフ式スタンドを利用して」、「いつも乗っている車と同じ燃料と思い込み」が多く、中には、「軽自動車なので軽油を給油」をしてしまったり、「安い軽油を給油」をしてしまった例まであるということです。

日本の消費者は、供給者側に厳しい反面、ユーザーとして最低限知っておくべき知識を持ち合わせていない場合もあるということなのでしょうか。

ただ、そうでなくても、うっかりミスは誰にでも起こりうることですし、セルフ式ガソリンスタンドでは、ほかにも静電気による発火事故や、給油キャップの閉め忘れなどのトラブルも起きており、自治体なども注意を呼びかけています。

セルフ式のガソリンスタンドを使うときには、ガソリンスタンドに書いてある注意事項をしっかりと確認したうえで給油をしたいですね。

東京消防庁<安心・安全><セルフ式ガソリンスタンドを安全に利用するために>

東京消防庁<安心・安全><セルフ式ガソリンスタンドを安全に利用するために>

JAFニュース
JAFニュース