さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

要注意!足入れ浮輪で乳幼児の重大事故。

 国民生活センターが21日に公表した資料によると、浴槽用の足入れ付きの浮き輪による事故が発生していることを7月に公表したところ、同様事故が8件報告されたということである。

 公表された事故の概要を見ると、少し目を離した数分の間に、1歳4ヶ月男の子が転覆し、小児専門の高度医療機関に搬送された事故や、一緒にお風呂に入り洗顔している間に8ヶ月の子どもが溺れ、うつぶせに沈んでいたといった事故など、ほんのわずかな時間、目を離しただけで重大な事故が発生している。

 同じ子供を持つ親として、想像しただけで、ぞっとする光景である。

 メーカーやベビー用品専門店では、7月の公表直後から、浴槽用の浮き輪の販売を自主的に中止したりしているが、既に入手している消費者もおり、「安全を考慮すると使用は控えた方が良いが、どうしても使いたい場合は絶対に目を離してはいけないということ」(国民生活センターHP)を注意喚起している。

 また、浴槽用の足入れ付き浮輪と同じタイプの、プール・海水浴用の足入れつき浮き輪についても、浴槽用と同様、子供が溺れる事故が報告されている。

 過去には、幼児が溺死したという痛ましい事故が発生している。子供の安全を考えれば、足入れ付き浮輪は使わない方がよさそうだ。


国民生活センターの公表資料(2007年9月21日)
絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!(続報)
http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/sn-20070921.html

国民生活センターの公表資料(2007年7月5日)
絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20070705_2.html