さらひと☆一期一会

何事も一期一会。日々の生活の中での人やモノ、情報との出会いを忘れないよう、ブログにしたためていきたいと思います。

一期一会

「ドローン」の研究者ラファエロ・ダンドレア氏@日経MJ

「スイス連邦工科大学(ETH)チューリヒ校。ここに世界が注目するロボット研究者がいる。ラファエロ・ダンドレア氏(47)。米アマゾン・ドット・コムが買収したロボットベンチャーの共同創業者。現在はドローン(無人飛行機)を含むロボットなど高性能マ…

井上靖「氷壁」、ナイロンザイル切断事件と登山家石岡繁雄氏@日経新聞「春秋」

2014年8月26日の日経新聞のコラム欄「春秋」で、井上靖の「氷壁」から福島第1原発の吉田所長(当時)の調書公開について触れられていました。 雪煙のなかを落ちていった友が残したものは、切れるはずのないザイルのすり切れたような跡だった。井上靖の「氷壁…

NEC社長 遠藤信博氏@リーダーの本棚

日経新聞のリーダーの本棚で、NECの遠藤社長の読書遍歴が掲載されていました。 東工大(博士課程)出身という技術系の方ですが、読んだ本は歴史小説が多く、吉川英治氏の著作はすべて読まれたとのこと。読書遍歴にも歴史関係の書籍が紹介されています。短い…

文月 悠光(ふづき ゆみ)さん@J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 別所 哲也

今日は海の日で会社も休みということで、朝起きて、久しぶりにJ-WAVEを聞いていたところ、別所哲也さんの番組に、詩人の文月悠光さんがゲストで出演されていた。 私自身は初めて知りましたが、数分のインタビューの後、「海になる日」という詩をご本人が朗読…

文豪たちの手紙術@NHK知恵泉 心をつかむ手紙術「文豪編」

偶然つけたテレビで、NHKの知恵泉「心をつかむ手紙術 文豪編」を視聴。 文豪たちの手紙を取り上げて、心のこもった手紙を書くにはというテーマで番組が進行。 夏目漱石→ユーモアを交えて書く。生涯でかなり多くの手紙を書いたという。 島崎藤村→紙短情長。短…

月額2830円(税抜)のスマートフォン(covia FleaPhone CPF03A+BIC SIM)購入記@ビックカメラ:その2

ビックカメラがセット販売した「月額2830円(税抜)のスマートフォン(covia FleaPhone CPF03A+BIC SIM)」を購入(端末・BIC SIMパッケージ)・通信契約(IIJmio)をしたところまでご紹介しました。 ◆BIC SIM(IIJmioのSIM)が到着 BIC SIMは、SIMはIIJmio…

月額2830円(税抜)のスマートフォン(covia FleaPhone CPF03A+BIC SIM)購入記@ビックカメラ

現在Willcomを使っていますが、出張で地方に行く際には度々圏外となったり、ネットもWifiのみの利用で通信料もかけていませんでしたが、さすがに厳しさを感じるようになってきていました。 最近、イオンのNexsus4をセットにした格安スマホやMVNOによる格安SI…

辻井喬(堤清二)さん。ラジオ版学問ノススメにて。

私の好きなポッドキャスト番組「ラジオ版学問ノススメ」で、堤清二さんが昨年12月に亡くなられ、追悼の意を込めて再配信されたものを聞きました。 【特別配信】辻井喬さん【音声】|ラジオ版 学問ノススメ|JFN Online これを聞くまで、詩人としての顔があった…

震災を俳句で詠む。高校教諭、俳人の照井翠(みどり)さん。天声人語より。

天声人語で引用されていた一句で照井さんに出会いました。『震災から今日で2年11カ月、もうひと月で3年が巡る。〈双子なら同じ死顔(しにがお)桃の花〉。高校教師を務める中で震災に遭った照井翠(みどり)さんの句だ。ともに涙した無念、尊い教訓。忘…

浮世絵師 月岡芳年

今日の産経新聞で、浮世絵太田記念美術館の特別展「没後120年記念 月岡芳年」が紹介されていました。浮世絵太田記念美術公式サイト 特別展「没後120年記念 月岡芳年」月岡芳年は、最後の浮世絵師と言われ、過激な作風の「血みどろ絵」「残酷絵」が有名とのこ…

『性能上がる三種の神器「聞き流す」「やり過ごす」「なかったことにする」』作家の湊かなえさん

(c) IYO|ストックフォト PIXTA 朝日新聞の2011/9/2の朝刊に「〈オトナになった女子たちへ〉性能上がる三種の神器」というタイトルで、作家の湊かなえさんのコラムが掲載されていました。 湊さんが、27歳で結婚して、「田舎の長男の嫁」になり、はじめは、…

鉄道カメラマン 持田昭俊さん

今日のBSジャパン「写真家たちの日本紀行」に出演されていました。耳が聞こえにくいとのことですが、写真で音を表現するという言葉・姿勢にぐっときました。 確かに、持田さんの写真からは音が聞こえてきます。番組では、持田さんの写真に対する真摯な姿勢、…

「人の一生は重荷を負うて遠き道を往くがごとし、急ぐべからず」徳川家康「遺訓」

先ほど紹介したウェブ石碑のトップに書かれていました。時間の流れが異常に早くなってきている現代だからこそ、心に響いてくる言葉です。私も得体の知れない焦りを感じたりすることがありますが、もっと心に余裕を持ち、長期的な視野を持ちたいものです。徳…

「私は自伝を書くように絵を描いている。私の絵は、完成されていようがいまいが、日記のページのようなものだ」ピカソ

芸術の秋ということか、11/1の朝日新聞の天声人語では、パリにある国立ピカソ美術館から230点を持ち込んで、国立新美術館とサントリー美術館で開催されている「巨匠ピカソ」展が話題になっていました。asahi.com(朝日新聞社):天声人語朝日新聞社主催の…

ドイツの詩人フリードリヒ・フォン・シラー「時の歩み」から

今日の朝日新聞天声人語の話題は、日経平均株価が7000円を切り、東証1部の時価総額から1年で約300兆円が飛んだこと。その中で引用されている詩の一節が印象的だったので、書き記しておきたいと思います。 ドイツの詩人シラーは「時の歩み」をこう詠じた…

寺田寅彦「『ドーデモイイ』という解決法のある事に気の付かぬ人がある」

10/24の読売新聞のコラム欄「編集手帳」に次のように紹介されていました。 何かしら問題が生じたとき、いろいろな人が解決法を考える。「『ドーデモイイ』という解決法のある事に気の付かぬ人がある」とは寺田寅彦の言葉という。作家、出久根達郎さんの著書…

指揮者の金聖響(きむせいきょう)さん

指揮者の金聖響(きむせいきょう)さん今日のJ-WAVE WEBSITE : Under a Maintenanceに出演されていました。金さんは、ボストン大学哲学科を卒業後、ニュー・イングランド音楽院大学院指揮科修士課程を修了し、その後、小澤征爾さんなど、世界の著名な指揮者…

冒険家で写真家の石川直樹さん

冒険家で写真家の石川直樹さん 3/19放送のJ-WAVE GOOD MORNING TOKYOでゲスト出演されていました。話し方の感じから若い人だと思っていましたが、1977年生まれということで、私に近い世代だったのが意外でした。ご本人は旅行をしているつもりが、それが周り…

外交ジャーナリスト・作家の手嶋龍一さん

今日のJ-WAVE GOOD MORNING TOKYOで、休暇?中の別所哲也さんに代わってナビゲーターを務めていた外交ジャーナリスト手嶋龍一さん。手島龍一さんは、元NHKワシントン支局長で、テレビでは何度か拝見したことがありました。語り口は静かで、ナビゲーターとい…

ジャズピアニスト小曽根真さん

今日のJ-WAVE GOOD MORNING TOKYOで、休暇?中の別所哲也さんに代わってナビゲーターを務めていたジャズピアニストの小曽根真さん。以前にも、別所さんの代わりにナビゲーターをされたことがありました。 同じJ-WAVEのASAHI BEER OZ MEETS JAZZのナビゲータ…

JPSA公認プロサーファー 谷口絵里菜さん

J-WAVE GOOD MORNING TOKYOの3/5のゲストは、プロサーファー谷口絵里菜さんでした。私は、サーフィンと縁がありませんが、知り合いでサーフィンをしている人がいまして、波が良い時には何が何でも海に行きたいと言っていますので、それだけ魅力のあるスポー…

テレニン晃子さんのご冥福を祈ります。

テレニン晃子さんのことを知ったのは、晃子さんが亡くなられたことについて書いていた東京新聞のコラム欄です。東京新聞:なぜ祈りは通じないのか。治りたいと祈った訳ではない。ただた…:社説・コラム(TOKYO Web)このコラムで、晃子さんが36歳という若さで…

IZREELのデザイナー、高倉一浩さん

J-WAVEの朝の番組、Good Morning TokyoのMorningSessionの2/27のゲストは、IZREELのデザイナー、高倉一浩さんでした。といっても、ファッションセンス「ゼロ」の私が急成長中のブランド「IZREEL」(イズリールと読むのですね)という名前も、そのデザイナー…

女性指揮者、西本智実さん

世界的にも珍しい女性指揮者の西本智実さん(wikipedia:西本智実)が、J-WAVEの朝の番組、Good Morning Tokyoにゲスト出演されていました。ベルリンを拠点に指揮活動をされているそうで、ロシア、ドイツを中心とした各国のオーケストラの指揮をされていると…

町田宗鳳さん

先日、町田宗鳳さんの「向き合う人生」について書きました。その後、町田宗鳳さんのウェブサイトを拝見しましたので、少しまとめてみたいと思います。町田宗鳳ホームページ町田宗鳳さんの公式サイトです。町田宗鳳さんのプロフィールを拝見すると、とてもユ…